緑内障と加齢黄斑変性は失明原因の1位

40歳過ぎたら目の検診を受けましょう

 

医師の眼科講座で「目の病気で失明しないために」緑内障と加齢黄斑変性についてのお話です。

 

「失明を防ぐために早期発見、早期治療が大切」
40歳過ぎたら眼科医で定期健診をうけてほしいと
呼びかけています。
緑内障と加齢黄斑変性は失明原因の1位

 

 

日本人に多いのは正常眼科緑内障で、自覚症状が乏しく、視力検査、眼圧検査、眼底検査で見つからないこともあると説明しています。

 

緑内障は網膜の神経線維が減少して視野が狭くなる病気で、日本人の失明原因の第1位です。

 

 

最近は、網膜の神経線維の厚さなどを測定する検査機器が開発されて、正確な診断が出来ると言います。

 

 

加齢黄斑変性症は、網膜の中に視力に最も重要な黄斑に異常が起こる病気で、欧米では成人の失明原因のトップ国内でも増加していると言います。

 

講師のお話によると「加齢、食生活の欧米化、喫煙などが主な原因」で初期には気付きにくいが、中心部が黒く見える視界がゆがむ、コントラストが低下する症状があるといいます。

 

老化現象と考えて放置する人が多いと言います。症状があれば、眼科医を受診してほしいとお話します。
緑内障と加齢黄斑変性は失明原因の1位

 

 

目は大切です。目の健康を保つには、目の各組織に必要な栄養バランスを摂りましょう。